• 20シリーズ
  • 10シリーズ
  • 5シリーズ
  • 3シリーズ
  • アクセサリー
  • インターコムカメラ
2018年・2017年新製品

ヘルメットに装着する

ステップ1 ヘルメットにSMH10のベースの取付


1−1 ヘルメットの縁に挟み込んで取り付ける(推奨)
1−1−1
(取り付ける前)準備として、SMH-A0301 スピーカーマイクロフォン クランプユニットに固定されているクランプユニット(ネジ止めされている)を緩める。緩める時には、同梱されている六角レンチを使うと良い。
1−1−2
(ヘルメットの縁に取り付ける)緩めたクランプユニットをヘルメットの縁に差し込み、ネジで固定する。差し込みは内側スポンジ側の中(頭に当たらないように)にする。ネジ止めには、同梱されている六角レンチを使うと良い。
1−1−3
(ヘルメットにしっかりと固定する)クランプユニットのバックプレート上、2箇所のネジを回して固定する。同梱されている六角レンチを使うと良い。
ヘルメットの縁に挟み込んで取り付ける
1−2 ヘルメットの縁に挟み込めない場合
1−2−1
クランプユニットのバックプレートを両面テープで貼る。貼るために、同梱されているSMH-A0201 メインユニット取付用貼付アダプターを使う。
1−2−2
(取り付ける前)準備として、SMH-A0301 スピーカーマイクロフォン クランプユニットに固定されているクランプユニット(ネジ止めされている)を緩める。緩める時には、同梱されている六角レンチを使うと良い。
1−2−3
下の図のように、SMH-A0201 メインユニット取付用貼付アダプターをバック プレートにネジ止めする。
1−2−4
ヘルメットに貼るために、しっかりと貼ることができるようにその箇所をきれいに拭く。
両面テープ部分のカバーシールを剥がしてヘルメット表面に貼る。

注意: ヘルメット表面に貼ったあと、最低48時間は使用せずに完全に接着するまでおいておくことを強く推奨いたします。同梱品の両面テープ3M社の注意書きによりますと、完全に接着効力を発揮するまでに48時間かかるとあります。
同梱されているSMH-A0201 メインユニット取付用貼付アダプターを使う

ステップ2 マイクの向きを調整


SMH-A0301スピーカーマイクロフォン クランプユニットをヘルメットに装着できたら、マイクの向きを調整する。マイクに印されている三角マーク(▲)が口のほうを向くようにする。
SMH-A0301 スピーカーマイクロフォン クランプユニット
(重要)
クランプユニットをヘルメットの縁に差し込み、ネジで固定することを推奨します。SMH-A0201 メインユニット取付用貼付アダプターを使ってクランプユニットのバックプレートを両面テープで貼った場合、使用時に生じる問題に対処できない場合がありますことご了承ください。

ステップ3 SMH10メインユニットの取付・取り外し

3−1 SMH10 メインユニットを装着する。
ヘルメットに固定したSMH-A0301 スピーカーマイクロフォン クランプユニットにSMH10-01 SMH10 メインユニットを装着する。下の図のようにスピーカー·マイクロフォン·クランプ·ユニットの下側の溝にあてがい、上部の耳を軽く押しながらヘルメット側へ奥まで倒す。倒した後、抜けないことを確認してください。
SMH-A0301 スピーカーマイクロフォン クランプユニットにSMH10-01 SMH10 メインユニットを装着する
3-2 SMH10 メインユニットを取り外す。
下の図のように上部の耳を人差し指で押して、ヘルメット側と反対方向へ引く。その耳を押しながら、優しくそっと引けば外れる。
SMH10 メインユニットを取り外す
装着したヘルメット
SMH10をヘルメットに装着

 

SMH10をヘルメットに装着

 


SMH10をヘルメットに装着

 

 


「つ・な・ぐ」をキーワードにソリューションを提案するインターソリューションマーケティングが、機器と機器をつなぐLAN、WiFi通信・Bluetooth通信機器開発で培ったノウハウをもつリーディングカンパニー、セナ テクノロジーズ社からリリースされたヘッドセット&インターコム製品を紹介します。
接続例
セナ・ブルートゥースジャパンでは、代理店を募っています。
他社のインカムとつながる、おしゃべり。ユニバーサルインターコム機能。
web BikeWorld:SMH10レビュー Part1
web BikeWorld:SMH10レビュー Part2
bikebros SMH10review

Copyright © InterSolutionMarketing Inc. All Rights Reserved.