• 20シリーズ
  • 10シリーズ
  • 5シリーズ
  • 3シリーズ
  • アクセサリー
  • インターコムカメラ
2018年・2017年新製品
2010年10月28日(木)

#004 Sum: 北国は冬近し

お久しぶりです。ライダーライターの皆さん方は元気でバイクライフを送っていますでしょうか。

こちら北海道では、平地でも雪が降る季節になりました。

 Sumが住んでいる留萌でも、先日5cm程度の積雪がありいよいよ冬支度に拍車がかかります。

この時期の雪はすぐ融けてしまいますが、近々一面真っ白な季節がやってきます。そうなると、一部のライダー、バイカーは別として、冬眠状態に入ります。

今年は長距離ツーリングに行く機会を逸して残念なバイクライフを送りましたが、来シーズンは充実したものにしたいと思います。(このプログにも充実した記事を掲載したいものです。)

今回は、つかの間の晴れ間を利用したプチツーリング(お散歩程度)で、留萌近隣の様子を紹介したいと思います。

留萌から国道232号線(通称オロロンライン)を約20km北上すると小平町に着きます。ここには、かって鰊で栄えた往事を偲ばせる鰊番屋(写真1:花田家 見学は有料)があります。

小平鰊番屋小平鰊番屋

いまでは考えられないことですが、鰊漁で長者番付に名を連ねた網元がいたそうです。その隣には、鰊番屋に似た建物の道の駅「おびら鰊番屋」があり夕暮れが近くなると夕日を見に来る人たちでにぎあいます。留萌管内にはまだ鰊番屋がいくつかあり、いまでも生活をしている建物も存在します。


風車群風車群

さらに北上すると、目の前に巨大な風力発電の風車群(写真2)が見えてきます。留萌周辺の日本海側は年中強い風が吹く地域で、その風を電力に変える施設がたくさん存在してます。風車は、稚内まで所々に見られます。その壮観さから、ドンキホーテならずとも、巨人の群れのようにみえます。

苫小牧郷土資料館苫小牧郷土資料館

苫前町では、郷土資料館の見学をお勧めします。開設期間は10月31日までですが、ここでは日本での獣害では史上最大の事件、三毛別熊事件についてのジオラマ・資料が展示されてます。映画「熊嵐」はこの事件をモチーフに作られたもので、資料館でも上映されています。現在では、実際の現場に、事件当時の家屋などが復元され観光スポットにもなってます。ちなみに苫前町のカントリーサインは親小熊です。Sumもツーリング中、ヒグマと遭遇したことがありますが、愛嬌がある動作でまるで着ぐるみを走ると着て歩いているように感じました。

さらに走ると、(留萌から約70kmぐらい)、今回の折開始地点の初山別村に着きます。ここの岬キャンプ場は、6月末に実施されるおろろんステージ(ミーティング)の会場で、毎年お世話になっているところです。オンシーズン(7月1日から8月20日ぐらい)までは有料ですが、それ以外の期間は無料です。キャンプ場にコテージや温泉も併設してますので、ライダーばかりでなく家族で来られても快適なキャンプができると思います。お薦めのキャンプ場の1つです。ここの初山別天文台は、My Stars System(5等級以下の名前がついてない星に自分の好きな名前をつけ自分で所有できまるシステム)で、全国に知られています。昔のドラマ「白線流し」の舞台にもなりました。ここから晴れた日にはくっきりと利尻富士の雄大な姿を遠望することができます。

初山別天文台初山別天文台

さて、前回Bluetoothで接続している携帯電話での不都合について書きましたが、今回のプチツーリングでは携帯の位置を右の場合と左の場合(SMH10の位置側)と交互に試しました。SMH10の位置側では音声等が途切れたりする現象は見られなかったのですが、従来通り右にホルダーをつけて音楽をかけるとなぜか途切れたりする現象が現れます。人体が何らかの影響を与えているのか、ハーレーの右側が何らかの影響を与えているのでしょうか?よくわかりませんでした。しかし、SMH10側では不都合がなかったし、携帯での会話もお互いに明瞭にできた(いわゆる通常の速度では)ことから今後、携帯を含めてBluetooth機器は左側にセットしようと思います。これまで使用していて気づいたことは、マイクの方向が逆向きになってしまったの気づかず、風切り音の送信になったことが何度かありました。走行中でもすぐにマイクの方向がわかればいいなと感じました。また、最初は音楽を聞きながらの運転はどうかなと思っていましたが、やり始めるととても快適でした。集中力についてはまだ考察できませんが、今のところ特に問題は感じません。音楽に没頭しすぎて、気がついたら後ろがパトカーなんていうのはいやですので、バックミラーはちょこちょこ確認の習慣はなくなってません。ただ、Caravan-riderさんからもご指摘があったとおり鳴ってればよい状態から、音楽をよく聞きたいとなってくると、もう少し高性能スピーカーがリーズナブルに出して頂くとありがたいです。(Caravan-riderさんの言われるS社の高性能薄型スピーカーはどんなのでしょうかね)なお、ピンプラグで接続したとき、雨の影響、防水性に影響はないのだろうかという懸念もあります。(ご存じの方教えてください)ともあれ、製品としては十分満足のいくものでコストパフォーマンスが非常に高いと感じました。
(チャプターツーリング用に購入してくださいよ、○○○○○の社長)
来年度は、娘とのツーリングをチャレンジしたいと考えてます(来年3歳)彼女お気に入りの音楽を聞か
せながらとか、走行中の会話が可能になるかなどヘルメットの問題も含めて検討してしてみたいと思います。

2010/10/28 16:12 | SMH10: ライターライダー SUM | コメント(0)

コメント

  • 投稿されたコメントはありません。

コメントを投稿

メールアドレスは公開されません。
※印は必須入力です。

名前※
メールアドレス
URL
コメント※
画像認証※
※上の画像に表示されている英数字を入力してください